客が知りたい情報をうまく伝えるには「のぼり」を活用してみよう!

飲食店ならお弁当かラーメンと書いたのぼりを使うお客が来やすい

飲食店がよく用いている接客方法の1つに、料理の名前やお弁当と書いたのぼりを店の前に設置する手法があります。料理の名前でよく見かけるのがラーメンという単語で、ラーメン専門店ではない場合でも設置していることが多いです。この時の設置するコツは、遠くからでもよく見える位置に置くことです。また、のぼりの色がやや赤い色にしておくと、夕方の暗くなってきた時間帯にでもライトを照らせば見えやすいです。
お弁当と書いたのぼりを使う時は、午前10時から午後2時までの間にお客が来ることが多いため、前もってお弁当を用意しておきます。許可を得る必要がありますが、市役所や公民館などの近くにのぼりを設置すると、大きな集客効果が期待できます。

有名な武将がいた観光地は武将などの名前を書いたのぼりが便利

有名な武将がいて、残された史跡が観光地となっている際は、その武将の名前が書かれたのぼりを使うと効果的です。のぼりを置く場所としては、史跡がある公園などの入り口付近に置くと良いです。遠くから観光客が来る時は、道が不慣れなことから目的地がわからなくなる場合があります。そのため、のぼりが見えやすい位置にあれば迷うことなく辿り着くことが可能です。あと、駐車場が満杯になりやすい場所の時は、のぼりの他にも臨時駐車場への道案内図も置いておくと便利です。
観光地の側で飲食店やお土産物屋などを経営している時は、のぼりを設置するとお客が来やすくなります。武将の名前などが入った料理やお土産があれば、観光客に人気となる可能性もあります。